“・コンプレックス系ワード
 「教養のない人の〜」「頭が悪い人の〜」「なぜかモテない人の〜」
 「残念な人の〜」「イタい人がよくやる〜」
 「正しい〇〇の方法」「〇〇という愚行」
 「英語が下手な人に共通する〜」「賢い人なら読んでおくべき〜」
 「読んでおかないと恥をかく〜」「仕事ができない人の〜」
 「一流の人に共通する」「○○業界人なら知っておきたい」
 多くの人にはコンプレックスがあるものです。そして他人からよく見られたいと思うものです。その心理をくすぐるのがこれらのワードです”
“何かの相談で「バレンタインに意中の女性からチョコもらったんですけど、ホワイトデーのお返しは何が喜ばれますか?」という質問に対して、「3月14日ってアホか!今すぐ食事に誘え!」って答えてた。恋愛でも勉強でも仕事でも、できるヤツとできないヤツはこんなに違うよ。”
“突然ローマ字入力がカナ入力になってしまい、元に戻す方法が分からず困っていたので、googleで「すらほもちまにみんななすんらのな」(カナ入力でローマ字入力の「ろーまじにゅうりょく」のキータッチ)を調べたらあっさり解決ページにたどり着いた。分かってるなあ。”

 ちなみに、そんな中でも後輩とか部下に教えるのが一番難しいのが、「スタートダッシュでできるだけはやくめどをつける」という仕事スタイル。どの エンジニアも、ちゃんと説明すればこの働き方の効用は理解してもらえるのだが、実際の現場でちゃんと実行できる人は100人に1人もいない。

 「人はみな怠惰だから、締め切りに迫られなければがんばれないんだ」と言ってしまえばそれまでだが、「まがりなりにもプロとして仕事をする限り は、ペース配分ぐらいはちゃんと考えて仕事をすべき」というのが私の主張。トップクラスのマラソンランナーでペース配分がデタラメな人はいないのに、プロ として仕事をしているプログラマーの大半が、明らかに弊害の多い「ラストスパート型」だというのはあまりにも情けない。

 【質問】
 歴史上の有名な女騎士を探しています.
 ジャンヌダルク以外で誰かいますかね?
 この際,物語上の空想人物でも.

 【回答】
 中華に於ける主な女傑
殷の婦好(帚好)
晋の荀灌
東晋の朱序の母の韓氏
北魏の楊大眼の妻の潘氏
北魏の任城王元澄の母の孟氏
梁の馮宝の妻の洗夫人
唐の高祖(李淵)の三女の平陽公主
唐の燕国公李謹行の妻の劉氏
唐の飛狐県令の古元応の妻に高氏(徇忠県君)
唐の平州刺史鄒保英の妻の奚氏(誠節夫人)
唐の剣南西川節度使崔の妻の浣花夫人
南宋の韓世忠の妻の梁夫人
元初の民叛乱の首領の許夫人
馬復宗の妻の韓娥
林三の妻の唐賽児
明の田州土官岑猛の妻の瓦夫人
沈至緒の娘の沈雲英
南明永寧王世子の妃彭妃
李文成の妻の張氏
『嚢仙』と称された王嚢仙
太平天国の女将軍の洪宣嬌と楊二姑
紅軍の女将軍
李貞・賀子珍・李珊・烏蘭・郭長春・聶力

 中国以外では……

呂母…知名度中
 姓は呂,名前は不詳.
 新朝に対する反乱軍である赤眉軍を創設した,軍運営者.

徴姉妹…知名度特大
 徴側・徴弐の姉妹.
 漢の支配下にあったベトナムで反乱を指導した,軍指導者.

ラクシュミー・バーイー…知名度大
 領主の妻になっていた人.ついでに美人との評.
 英国の支配下にあったインドで反乱を指導した,軍指導者.

甲斐姫…知名度小
 後北条家に属する地方領主・成田氏長の娘.ついでに美人との評.
 羽柴秀吉が主導する小田原の役で,父の留守中の城を守りきった,武芸達者の女傑.

ゼノビア…知名度中
 古代の都市国家・パルミラの女王.ついでに美人との評.
 亡命ギリシア人を参謀に抜擢すると自ら軍を指揮し,エジプトまで攻め込んだ,征服者.

※以下,物語上の女性武将
花木蘭…知名度中
 隋末唐初の頃に転戦したとされる伝承上の人物.
 質問者が抱く騎士のイメージに近いと思われる.ディズニー社も興味を持ち,アニメ映画化された.

シャ賽花…知名度中
 実在の人物がモデルだが,楊家将演義という小説の中でかなりの脚色が施されている.
 血族中心の半私兵の軍閥のような組織を支える.個々の武芸では,賽花以上の女傑も登場するが.

世界史板
青文字:加筆改修部分

▼ 上記回答に含まれて然るべき人物が抜けているので,追加を御願いいたします.

秦良玉:
 字は貞素.明代末期の人.
 三品官,四川総兵,都督僉事.明史の列伝第一百五十八に伝記あり.
 中国史上唯一,正史に列伝を持つ女将軍であり,
「良玉為人饒胆智,善騎射,兼通詞翰,儀度嫺雅」(胆力,智謀に優れ騎射が得意であり,詞文にも通じ,また立ち振る舞いは優雅であった)
と称された文武両道,才色兼備の人物.
 楊応龍の乱に,夫の石砡宣撫使馬千乗とともに出陣.
 これの鎮圧に尽力し,南川においては戦功一等とされる.
 その後,夫の馬千乗が冤罪で獄死したため,彼女が石砡の統治を引き継ぐこととなる.
 対後金戦でも活躍し,また奢崇明の乱を鎮圧,羅汝才を撃破するなど,明朝のために戦い続けたが,「蜀碧」で有名な張献忠との戦いでは,用兵に関してフリーハンドの権限を得られず,また献策も受け入れられず,結果,張献忠に四川を制圧されることとなった.
 後,南明の弘光帝に仕え,石砡を保持して張献忠に対抗し続けた.
 老衰によって死去.享年は74歳.

名無しルーデル神教教徒 in FAQ BBS,2011/9/20(火) 12:23
青文字:加筆改修部分

古い時代のコンピューターのお話。
当時は日本語対応が遅れており、やっとカナが出せる程度だった。
しかも、基本的にデータ更新処理が終わらないと次の入力が動かせないのだ。

ある日、客のオッサンから入力画面がちゃんと動かないと電話があった。

俺 「なんかおかしいことしませんでした?」

客 「別に何にもしてないよ?」

俺 「更新終わってないのに、入力動かしちゃったとか?」

客 「いや?ちゃんと終わってたけど?」

俺 「画面に出てるメッセージ読んでもらえます?」

客 「えーと、”E1003、イジョウシュウリョウ”。ちゃんと終わってるよね?」

俺 「いや、それ異常終了ですよ」

客 「うん、以上終了だよね」

俺 「そーじゃなくて・・・、アブノーマル・エンドって意味です」

客 「エンドだから、終わってるよね、普通に」

俺 「ええっと、アブノーマルってのは異常って意味でぇ」

客 「ノーマルだから普通だろが?ノーマル・エンドで普通に終わりだろ!なにが言いたいんだよ?」

俺 「ノーマルじゃなくて、アブノーマルですって」

客 「はぁ?ノーマルにアブもハチもあるか!ノーマルはノーマルだろうが!」

俺 「アブノーマルってのは、異常って意味なんですよ!だから異常終了なんですってば!」

客 「だから以上終了で普通に終わってるんだろうが!おまえ何言ってるんだよ!」

俺 「いや、その以上じゃなくて、あの~、ホモとか、SMとか、変態とかの異常なんですって!」

客 「・・・!ああ、その異常か~、あ!それで異常終了か!あはははは、コリャおかしいや」

俺 「・・・(絞め殺したろか、このオヤジ)」

その後はスムーズに復旧作業を終えたが、上司に呼ばれ、

「そういう場合は変にこだわらずに、エラー番号に応じた対処を進めなさい」

と怒られたあとに、

「ホモは異常じゃないんだぞ」

と武田信玄とか、ギリシャのスパルタとか歴史上の話を長々と諭された。
異常呼ばわりされたのがどうしても許せなかったようだ。